ウィニコット・フォーラム2019
「今、あらためてウィニコットを知る」

日時 2019年11月3日(日・祝) 10:00~18:00 (9:30受付開始)
場所 大阪大学中之島センター 10F 佐治敬三メモリアルホール
参加費 一般¥9000/大学院生¥6000
当日受付も可能です(一般¥10000/大学院生¥7000)
定員:150名
参加資格:守秘義務を遵守できる方
申込方法 電子メールにて件名を「ウィニコット・フォーラム参加希望」とし下記の ①~⑥を本文に記載の上,【winnicottforum@gmail.com】にお送りください。
①氏名,②連絡先ご住所(郵便番号含む),③連絡先電話番号,④メールアドレス, ⑤勤務先および職種,⑥臨床心理士資格の有無
※参加可能な方に受諾のご連絡と参加費の振込先をメールいたします。
お問い合わせ連絡先 winnicottforum@gmail.com

おかげ様で多くの方々にご来場いただき、盛会のうちに終了することができました。

今後ともウィニコット・フォーラムおよび日本ウィニコット協会をよろしくお願いいたします。

 

プログラム

10:00~10:10 開会の挨拶

館 直彦(たちメンタルクリニック/大阪市立大学大学院)

10:15~12:25 シンポジウム「今、あらためてウィニコットを知る」

「ウィニコットの臨床と夢」     吉村 聡 (上智大学)

「ウィニコットの失敗論」      恒吉 徹三(山口大学)

「テディベアは,移行対象ではない。」増尾 徳行(ひょうごこころの医療センター)  

 指定討論:工藤 晋平(名古屋大学)

司会:渡部 京太(広島市こども療育センター)、 石田 拓也(奈良女子大学臨床心理相談センター)

12:30~13:00  総会

13:10~14:20  協会設立の交流会

14:30~15:50  記念講演  「治療的退行論再考」北山 修(北山精神分析室)      

司会:館 直彦

16:00~18:00  事例検討ウィニコットの症例「抱えることと解釈」を検討する館 直彦

討論:川谷 大治 (川谷医院)、 妙木 浩之 (東京国際大学) 、 横井 公一 (微風会 浜寺病院)

司会:加茂 聡子 (四谷こころのクリニック)、 山崎 篤 (中村学園大学短期大学部)  

※ 長らく絶版になっていた『抱えることと解釈』がこの機に再販される予定 です!

抄録は会員向けNewsletter vol.1 (無料) に掲載されています。

このページのトップに戻る